インプラント(人工歯根)

 

インプラント(人工歯根)とは

 

インプラント治療とは、顎の骨に、体になじみの良いチタンで作られた人口の歯の根を埋め込み、それを土台にして人口の歯を取り付けるという治療法です。
インプラントの治療の最大の利点は、元のご自身の歯と同じように噛んだり話したりする機能が回復することです。

今、なぜインプラントなのか

 

クオリティー・オブ・ライフの向上、健康長寿を目指し、すべての年齢層でインプラント治療は一般的になってきました。
これまでは、歯の欠損があると、その両隣の歯を削りブリッジにする治療が主流でした。しかし、これは歯科保存学の概念から外れてしまいます。なぜなら、両隣の歯が健康であれば、本来削る必要のない歯を削ることになるからです。歯を削れば削るほど、歯の寿命は短くなりますので、歯科医師にしてみても心の痛い思いです。

 

 

 

 

また、その土台となった歯は欠損した歯の分の力も補わなければならないので、噛んだ時の力の負担が増えます。例えば、1本の歯の欠損で3本のブリッジの場合は、2本の歯で3本分の噛む力を負担します。特に6番目の歯は一番噛む力が強く、60Kgの負担がかかるといわれていますが、その歯が欠損した場合の両隣の歯の負担は大きく、ただの足し算どころの話ではなくなります。そして、両隣のその歯の寿命をも縮めてしまうことになります。

歯の欠損は顎の骨にも悪影響を及ぼします。顎の骨は適度な刺激がないと減っていってしまいます。そして、一度減ってしまった骨は元に戻りません。

 

 

 

 

 

 

 

歯が抜けたままにしてくのはもってのほかです。歯が隙間を埋めようとして動いてくると、かみ合わせが悪くなる原因になります。

 

 

それに対して、歯の欠損部にインプラントを入れる方法なら、他の歯に負担をかけることはありませんし、インプラントが天然の歯根と同じ役割をしますので、顎の骨の減少も起きにくくなります。

 

一般的にインプラントは成功率98%と成功率の高い治療法です。

キースコーヘン総合歯科医院では、インプラント治療に25年以上携わってきており、一般の例にもれず高い成功率を保っております。
コーヘン院長をはじめ、経験豊富な歯科医師とアシスタントが、皆様にまたおいしくお食事を召し上がって頂けるようお手伝いをいたします。

インプラント治療の種類

インプラントの上に総義歯を装着する方法、ブリッジやクラウンを装着する方法です。

 

 

 

 

 

 

  ①インプラント + クラウン     ②インプラント + ブリッジ     ③インプラント + 義歯

 

 

①インプラント + クラウン

 

歯を失ってしまった部分にインプラントを埋め込み、それを土台として歯のかぶせものを入れる方法です。
失った天然の歯とほとんど変わらない機能を回復できます。
この治療法は、失った部分を補うためにブリッジ式のかぶせものをしたり、取り外し式の部分義歯を装着したりする方法に比べ周囲の歯に負担をかけることがありません。

②インプラント + ブリッジ

 

複数の歯の欠損が連続してある場合、それぞれの欠損した歯の部分にインプラントを埋め、その上にかぶせる歯をつなげる方法です。欠損した歯のもともとの負担過重が少ない場合(小臼歯など)すべての欠損部分にインプラントを埋めることはせず、ブリッジの形で連結する方法も取れます。

③インプラント + 総義歯

 

インプラントの歯肉から出た部分にマグネット等を付け、同じくマグネット等を付けた総義歯をその上から装着します。
通常、総義歯は義歯と粘膜部分の圧着力だけで義歯を支えるので、ぴったりと合っていないと痛みが出たり、外れたりしやすいのですが、この方法ならしっかりと義歯を保持できます。
他の取り外し式義歯の装着方法と比べると、噛む力を最も出すことができ、義歯がガタつくことによる痛みも大きく軽減できます。
総義歯ユーザーにとっては最も優れた方法と言われています。

新しいインプラント治療法―All on 4(オール・オン・フォー)

 

All on 4は、歯が残っていない方や、総入れ歯の方のための画期的な治療法です。
上下の顎にそれぞれ4本のインプラントを埋め込み、その上に固定式の12本の人口の歯を装着します。施術は一回で終わり、同時に固定式の仮の歯が入りますので、施術をしたその日から食事や会話が不自由なく行えるようになります。

多くの歯の欠損がある場合は、通常、たくさんのインプラントを埋め込んだ後、固定式のインプラントブリッジ、又は、取り外し式の入れ歯といった選択肢になります。また、顎の骨が痩せて十分な数のインプラントを埋めることができないと、インプラントそのものをあきらめなければいけないこともありました。
しかし、All on 4であれば、少ない数のインプラントを残っている骨の部分を最大限使って埋め込むことができます。そして、多くの方にインプラント治療を可能とさせました。

All on 4の特徴


✓1日でインプラントから仮の義歯まで入る。
✓施術をしたその日のうちから噛めるようになり、自然な見た目も得られる。
✓体への負担も金銭的負担も抑えられる。

インプラントに向けての準備

 

インプラント治療は、外科的な手術が必要となる比較的大がかりな治療です。
そのため、患者様の健康状態、あごの骨や歯肉の状態などのお口の中の健康状態を正確に把握しなければなりません。身体の健康状態、お口健康状態、喫煙習慣、生活習慣などによってはインプラントが向かない場合もあります。
身体の健康状態、お口健康状態、喫煙習慣、生活習慣などによってはインプラントが向かない場合もあります。
レントゲン検査やCTスキャンなどで骨や神経の様子を詳しく調べ、骨が薄くて足りないようであれば骨を足す骨形成術を施すこともあります。
インプラント治療の前には入念な検査と説明、患者様と歯科医師との話し合いが持たれますので、質問や不安はなんでも相談しましょう。

インプラントの手術中、手術後の痛みや腫れは?

インプラントの手術は、局部麻酔を効かせて行いますので痛みを感じることはほとんどありません。
麻酔が切れてから、そして手術後の数日間は痛みや腫れが出る場合もありますが、通常はお薬で抑えることができます。
さらに、手術そのものに不安を感じる場合はセデーション(静脈内鎮静法)を併用することができます。
セデーションではウトウトとした半分眠っている状態を作るため、治療中のストレスを軽減できます。手術時間が短く感じられる、もしくは、完全に眠ってしまい目が覚めたら終わっているというように、不安や緊張を感じることなく手術を受けられます。

インプラントの利点

1. 天然の歯と同じように噛めます。

2. 周囲の健全な歯を削る必要がありません。

3. 周囲の歯に負担をかけません。

4. 取り外し式の義歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されるので、ズレや食べ物のかけらが入った時の痛みが軽減されます。

5. 自然な見た目や表情を取り戻すことができます。

 

インプラントの欠点

1. 治療費が高額になります。

2. 数か月の治療期間が必要です。

3. ご自身による自宅でのメインテナンスと歯科医師によるメインテナンスが欠かせません。

 

インプラントの寿命、アフターケア

インプラントは歯科医院での定期検診やご自宅での歯みがきをしっかり行い、一生使って頂くことを目標としています。
インプラントは精密な手術も重要ですが、歯科医師による予後の管理も大切です。
定期検診では、歯科医師がインプラントに異常がないか調べます。状況に合わせて、クリーニングや歯みがきのアドバイスも行います。
ご自宅でのメインテナンスとしては、全身の健康管理と歯みがきです。デンタルフロスや歯間ブラシも併せて使用すると、より良い清掃効果が期待できます。

インプラントの費用

インプラントは本数、使う材料、行う方法などにより、かかる費用は様々ですが、高度な設備と技術が必要となるため高額になります。

キースコーヘン総合歯科医院では経験豊かな歯科医師群がより多くの皆様に健康的で快適な生活を取り戻していただけるよう、最大限、良心的なお値段で提供しております。

お問い合わせフォーム

ご希望の診療所(ご予約の場合)
09:00
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

© 2020 keithcohendentist.co.uk by Partner.JP